[ ピンキー & フェラーズ ]     Pinky & Fellas




オールディーズ 60年代 マンチェスター&リバプール




♪  Manchester and Liverpool  ( マンチェスター&リバプール )  ♪





 




♪ Manchester and Liverpool  ( マンチェスター&リバプール ) ♪   1968




Pinky & Fellas [ ♪ Manchester and Liverpool ( マンチェスター&リバプール ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




日本では 「 恋の季節 」 を歌っていた 「 ピンキーとキラーズ 」 がブレイクしていた1968年、

イギリスでは 「 ピンキーとフェラス 」 が 「 マンチェスターとリバプール 」 でデビューを果たしました。

偶然にも女性ボーカルの名前はピンキー、レコード会社も同じキングレコード、メンバー構成もほとんど同じです。

と言う事かどうか日本ではヒットしましたが、イギリス・アメリカではあまりパッとしなかったと言います。

日本では1968年10月に30万枚を売り上げ、ヒットチャートNo.1を5週間続けました。

もの悲しいけれどリズミカルなリズムとマイナーの美しいメロディは、やはり日本人の琴線に触れたようです。

フランスでは 「 Marie Laforet ( マリー・ラフォレ ) 」 が失恋の悲しみを歌う同曲をヒットさせています。

懐かしい古さと、甘酸っぱい新しさが同居した不思議な魅力を持った一曲です。

この歯切れの良い、ユニークなリズムにのせた郷愁を感じさせるフォーク・ロック調のナンバー 「 マンチェスターとリバプール 」 は、

フランスのポップス界の巨匠 「 アンドレ・ポップ ( Andre Popp ) 」 の作品で、私もお気に入りの1曲です。










"Marie Laforet"による [ ♪ Manchester and Liverpool ( マンチェスター&リバプール ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




オールディーズ 60年代 マリー・ラフォレ









[ ピンキー & フェラーズ ]     Pinky & Fellas



イギリス・スコットランド出身の女性1名、男性5名のグループです。

* Caroline Gardner ( ピンキーことキャロライン・ガードナー =リードボーカル )
* Bobby Burns ( ボビー・バーンズ =ドラムズ )
* Huey Dempsey ( ヒューイ・デンプシー =キーボード)
* John Gardner ( ジョン・ガードナー =ギター )
* Les Hunter ( レス・ハンター =ギター )
* John Steve ( ジョン・スティーブ =ベース )


結成当時、リーダーのジョン・ガードナーは電気関係の仕事やファッション・セールスマンなどを、

キャロラインも自動車修理工場で働くなど、メンバー全員が様々な職業を転々とし経済的に苦しい日々を送っていたと云います。

ある日彼らはクラブ 「 ホワイト・ヘザー ( White Heather ) 」 へ出演したことを機に、デッカレコード ( Decca ) でレコーディングのチャンスを得たのです。

日本では彼等の歌は 「 マンチェスターとリバプール 」 しか馴染がありませんし、又、日本でしかヒットしませんでした。

一発屋の範疇に入れる人もいますが、ドッコイ 「 Let The Music Start ( スタート・ザ・ミュージック )」 と言う名曲もあります。

日本では 「 ピンキーとフェラス 」 ですが、イギリスでは単に 「 The Fellas 」 と言ってたようですね。

1970年に来日しています。

グループサウンズ全盛時、ザ・タイガース主演の映画 「 ハーイ!ロンドン 」 に、ビージーズ等と特別顔出ししてました。





オールディーズ 60年代 ピンキー & フェラーズ
















[ Manchester and Liverpool ]
 
Manchester and Liverpool
may not seem cities for romatic fools
Bustling feet and dusty streets
And people living for each day.
 
But behind the smoke and grind
a great big city's beating heart you'll find
You may roam but it's still home
Although you travel far away
 
  *
A city, a city may not be so very pretty.
But to be back, a smokestack
can be a welcome sight to see.  *
 
Manchester and Liverpool
so noisy, busy and so typical
Millions there with hopes and cares
And happiness is their own aim
 
In New York and Sydney too
The whole world over, it is just as true
where you start is in your heart
And there it always will remain
 
*
 
Manchester and Liverpool
La la la la la la la ..
 





- Viva !  Oldies -



















★ このページのトップへ

★ [ 60年代 オールディーズ ] トップページヘ ★