[ キングストン・トリオ ]     The Kingston Trio




オールディーズ 60年代 キングストン・トリオ




♪  Where Have All The Flowers Gone  ( 花はどこへ行った )  ♪



♪  Tom Dooley  ( トム・ドゥーリー )  ♪





 




 ♪ Where Have All The Flowers Gone ( 花はどこへ行った ) ♪   1964




The Kingston Trio [ ♪ Where Have All The Flowers Gone ( 花はどこへ行った ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




アメリカンフォークの始祖と言われる、ピート・シーガーによる作詞作曲であり代表作です。

1955年のアメリカ政府によるレッドパージで、活動停止を余儀なくされたピート・シーガーが、

失意の中、ウクライナ民謡の歌詞を元にして作った反戦歌と言われます。

ピート・シーガーがこの歌を作ったのは1955年。

7年後の1962年に、キングストン・トリオによってヒットした背景には、

ベトナム戦争への反戦歌として、当時多くのフォークソングが歌われた事にもよります。

ピーター・ポール&マリー、ジョーン・バエズ、ブラザース・フォア等が続き、

ベトナム反戦運動の中で、「花はどこへ行った」 は世界中に広まりをみせました。

「世界一有名な反戦歌」 として有名です。  聴いていると、映像を見ていると、自然と涙が流れてくる一曲です。





60年代・オールディーズ 花はどこへ行った




 




 ♪ Tom Dooley ( トム・ドゥーリー ) ♪   1958




The Kingston Trio [ ♪ Tom Dooley ( トム・ドゥーリー ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




「 トム・ドゥーリー」 の成り立ちには、悲しい事実背景があります。

アメリカ南北戦争で、南軍に参加したトーマス・ドゥーラと言う人物が、

心変わりした恋人を殺した為、絞首刑になった時の歌だと言います。

兵士、トム・ドゥーリー(トーマス・ドゥーラ) は、フィアンセであったローラ・フォスターが心変わりをした事に怒り彼女を殺します。

裁判で、実は自分は 「ローラを殺してはいない、しかし自分は罰を受けるに値する」 …

として敢えて死刑になることを望み、1868年に絞首刑になります。

しかしこの事件の真犯人はトムのもう一人の愛人だった女性、アン・メルトンであったとも言われ、

事件は多くの謎を残したまま忘れられ去られようとしましたが、

トムの処刑後、詩人トーマス・C・ランドがこのトム・ドゥーリの悲劇を歌にし、

事件は音楽のフィールドで再び光が当てられる事になりました。

この歌は多くの歌手によって歌われ、特に 「キングストン・トリオ」 の 「トム・ドゥーリー」 は、全米のヒット・チャートNo.1に輝いたものです。

歌詞は血なまぐさい内容ですが、裏腹に大変美しいメロディーを持った歌ですね。





60年代・オールディーズ トム・ドゥーリー









[ キングストン・トリオ ]     The Kingston Trio



1957年サンフランシスコから南東60km、パロ・アルト ( Palo Alto ) という町で結成されました。

当初のメンバーはデイブ・ガード ( Dave Guard ) 、ボブ・シェイン ( Bob Shane )、ニック・レイノルズ ( Nick Reynolds ) の3人です。

グループ名のキングストン・トリオはジャマイカの首都キングストンから取ったもので、彼らのカリブ諸島の音楽への興味を示しています。

アイビー・ルックのファッションと、清潔なイメージでもって大いに人気者となりました。

アメリカがロック時代と言われている真っ只中にデビュー、「Tom Dooley」 の大ヒットでフォーク・ソングを世界中に流行らせた草分けのグループです。

彼らがあとに出てくるPP&M、ボブ・ディラン、ジョン・デンバー、ジョーン・バエズ といったシンガーに道を開いたと言っても過言ではないでしょう。

1958年にキャピトル・レコードと契約、1961年に実質的リーダーのデイヴ・ガードがグループを脱退、ジョン・ステュワート ( John Stewart ) が迎えられます。

本来のキングストン・トリオの曲は明るい元気の良いサウンドでしたが、ステュワートの加入後は陰影のあるサウンドも聴かせるようになります。

そしてバンジョーが中心であった従来のフォーク・リヴァイヴァルのサウンドを、

アコースティック・ギター中心に変えさせていったのも、彼等キングストン・トリオと言われます。

デビュー・アルバム 「 The Kingston Trio 」 の中のシングル・カット曲 「 Tom Dooley 」 が全米No.1に輝き、一挙にフォーク・ブームが到来します。

その他にも59〜61年までに6枚のゴールド・ディスクを獲得します。

多くのヒット・アルバムを残し、多くのフォロワーを生み出したキングストン・トリオでしたが、

その後は徐々に人気を落としていき、1968年遂に解散してしまいます。

ジョン・ステュワートはソロ活動としてモンキーズに提供した 「 Daydream Believer 」 が大ヒット、

以来シンガーソングライターとして着実な歩みを続けています。

一方のキングストン・トリオとしては、ボブ・シェインを中心として様々な顔ぶれにより断続的に再結成が行われ、

オリジナルメンバーは誰もいない、新しいキングストントリオが後を継いで活動しました。





60年代・オールディーズ キングストン・トリオ




* [ The Kingston Trio ] Official Website *
















[ Where Have All The Flowers Gone ]
 
Where have all the flowers gone ?
Long time passing
Where have all the flowers gone ?
Long time ago
Where have all the flowers gone ?
Young girls have picked them ev'ryone
When will they ever learn ?
When will they ever learn ?
 
Where have all the young girls gone ?
Long time passing
Where have all the young girls gone ?
Long time ago
Where have all the young girls gone ?
Gone to young girls ev'ryone
When will they ever learn ?
When will they ever learn ?
 
Where have all the young men gone ?
Long time passing
Where have all the young men gone ?
Long time ago
Where have all the young men gone ?
Gone for soldiers every one
When will they ever learn?
When will they ever learn?
 
Where have all the soldiers gone ?
Long time passing
Where have all the soldiers gone ?
Long time ago
Where have all the soldiers gone ?
Gone to graveyards ev'ryone
When will they ever learn ?
When will they ever learn ?
 
Where have all the graveyards gone ?
Long time passing
Where have all the graveyards gone ?
Long time ago
Where have all the graveyards gone ?
Gone to flowers ev'ryone
When will they ever learn ?
 



   [ Tom Dooley ]
 
" Throughout history
There've been many songs written about the eternal triangle
This next one tells the story of a Mr Grayson
A beautiful woman, and a condemned man named Tom Dooley...
When the sun rises tomorrow, Tom Dooley... must hang... "
 
  *
Hang down your head, Tom Dooley
Hang down your head and cry
Hang down your head, Tom Dooley
Poor boy, you're bound to die  *
 
I met her on the mountain
There I took her life
Met her on the mountain
Stabbed her with my knife
 
*
 
This time tomorrow
Reckon where I'll be
Hadn't a-been for Grayson
I'd a-been in Tennessee
 
*
*
 
This time tomorrow
Reckon where I'll be
Down in some lonesome valley
Hangin' from a white oak tree
 
*
*
 
Poor boy, you're bound to die
Poor boy you're bound to die
Poor boy, you're bound to die
 





- Viva !   Oldies -



















★ このページのトップへ

★ [ 60年代 オールディーズ ] トップページヘ ★