[ ジョニー・ソマーズ ]     Joanie Sommers




オールディーズ 60年代 ジョニー・ソマーズ




♪  Johnny Get Angry  ( 内気なジョニー )  ♪





 




♪ Johnny Get Angry  ( 内気なジョニー ) ♪   1963




Joanie Sommers [ ♪ Johnny Get Angry ( 内気なジョニー ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




1962年全米7位。 印象的なイントロの歌です。

低音のギターから始まりピアノが絡んで、この歌はいつ聴いてもワクワクします。

彼女の少し鼻にかかった甘いシルキーボイス、ミラクルボイスが魅力です。

間奏のあの草笛みたいなのは何でしょうか?

この曲の作詞はバート・バカラックの相棒として有名なハル・デビッド。

乙女心の機微を描いた、女性の心理を理解し尽くした? とも言えるようなこの曲は秀逸です。

男は気が弱く、好きな女のコが他の男にかまわれていても何も言わないようダメ男。

「 何も言えないような人じゃダメよ! ちゃんと私を見守って! 」 …てな感じの歌です。

男の子を慕う女の子の心情と、ジョニー・ソマーズの可憐な歌声が相まって男心をくすぐります。

♪ ジョニー、私とダンスをするたびに 貴方はいつもフレディに割込まさせるわね
  フレディが私にダンスを頼むとき あなたはダンマリを決めたまま
  いつもそんなふうに あなたは意気地なしでいちゃいけないの?  もっと私をかまってよ    ♪

   気弱なジョニー君の様子が、何となく目の前に思い浮かんで来ますね。 歯痒い思いで一杯の女の子の歌です。





オールディーズ 60年代 ジョニー・ソマーズ









[ ジョニー・ソマーズ ]     Joanie Sommers



1941年2月24日、ニューヨーク州バッファロー ( Buffalo ) 生まれ。 本名は Joan Drost ( ジョーン・ドロスト )。

10代の頃からテレビタレントとして活動していましたが、大学時代にナイトクラブで歌っているところを、

プロデューサー&アレンジャーの トミー・オリバー にスカウトされ、彼のバンドの専属歌手となりました。

1959年ワーナー・ブラザーズとレコーディング契約してデビュー。

1960年にファーストアルバム 「ポジティブリー・ザ・モスト ( Positively,The Most ) 」 をリリース。

同年6月ミュージカル 「 バイ・バイ・バーディ 」 の挿入歌 「 One Boy ( ワン・ボーイ ) 」 でソロ・デビューしました。(全米54位)

1962年5月 「 Johnny Get Angry ( 内気なジョニー ) 」 (全米7位) のビッグ・ヒットで人気を決定的にしました。

同年10月 「 When the Boys Get Together 」 (全米94位) を発表。1966年にはコロムビアに移籍。

その後もジャズ、ボサ・ノバと芸域を拡げていきましたが、結婚して3児をもうけたこともあり、70年代にはほぼ引退の状態にありました。

しかし80年代にはカムバックし、アルバムも出したようです。 1992年に 「 A Fine Romance 」 を発表しています。

ジャズからポップス、ボサノバのようなものなど、どんな分野でもこなしてしまう歌の実力を持っていました。

「 Memories, Memories ( すてきなメモリー )」 の日本だけでのヒットや、

日本語での他の曲も収録した事があり、未だにオールディーズファンには大変人気があります。

「 内気なジョニー 」 ・ 「 ワン・ボーイ 」 ・ 「 すてきなメモリー 」 等、

ジョニー・ソマーズはオールディーズ・ソングを唄う、ただの可愛い女の子ではありません。

そういったヒット曲があるのでポップス方面の歌い手だと思われがちですが、

ジャズからポップス、ボサノバのようなものなど、どんな分野でもこなしてしまう歌の実力を持っていました。

ジャズを歌うときは甘くささやくように、ポップスの際は弾けるように歌います。

ポップス・ファンだけでなく、ジャズ・ファンにも同じように人気は高いものがあります。

キュートなルックスの持ち主でもあり、テレビ番組の 「 サンセット77 」 等にも出演していた事があります。

又ペプシコーラのコマーシャルを歌っていて 「 ペプシ・ガール 」 とも呼ばれていました。





オールディーズ 60年代 ジョニー・ソマーズ
















   [ Johnny Get Angry ]
 
Johnny, I said we were through
Just to see what you would do
You stood there and hung your head
Made me wish that I were dead
 
  *
Oh, Johnny, get angry, Johnny, get mad
Give me the biggest lecture I've ever had
I want a brave man, I want a cave man
Johnny, show me that you care,really care for me  *
 
Every time you danced with me
You let Freddy cut in constantly
When he'd ask, you'd never speak
Must you always be so meek?
 
* 
 
Every girl wants someone who
She can always look up to
You know I love you, of course
Let me know that you're the boss
 
* 
 
Johnny, care for me, Johnny
Johnny, Johnny, Johnny, Johnny, …
 





- Viva !  Oldies -



















★ このページのトップへ

★ [ 60年代 オールディーズ ] トップページヘ ★