[ ヘレン・シャピロ ]     Helen Shapiro




オールディーズ 60年代 ヘレン・シャピロ




♪  Don't Treat Me Like a Child  ( 子供じゃないの )  ♪



♪  You Don't Know  ( 悲しき片想い )  ♪





 




 ♪ Don't Treat Me Like a Child ( 子供じゃないの ) ♪   1961




Helen Shapiro [ ♪ Don't Treat Me Like a Child ( 子供じゃないの ) ♪ ]  を "youtube" で聴いてみる …




ヘレン・シャピロが 「 Don't Treat Me Like a Child 」 でデビューしたのは、彼女がまだ14歳の時でした。

箸が転げても可笑しいお年頃の女の子が、化粧したりハイヒールを履いたりと、早く大人になりたい乙女心を歌いました。

子供扱いされるのを嫌う、可笑しくも可愛い気持ちですよね。

デビュー時から彼女の歌唱力は、とても14才の少女だとは思えないと評判でした。

イギリスのチャート3位。 次の 「 You Don't Know 」 が1位。

続く 「 Walking Back to Happiness ( 夢見る恋 ) 」 も1位と順調に階段を駆け上り、不動の地位を確立します。

弘田三枝子がカバーしたのがきっかけで、日本でもヘレン・シャピロの人気が大きくなりました。

この時弘田三枝子も同じ14歳の中学3年生。 和製 「 Helen Shapiro 」 として華々しくデビューを飾りました。










" 弘田三枝子 " による 「 子供じゃないの 」 を " youtube " で聴いてみる …









 




 ♪ You Don't Know ( 悲しき片想い ) ♪   1961




Helen Shapiro [ ♪ You Don't Know ( 悲しき片想い ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




ヘレン・シャピロの曲で、日本でよく知られているのが 「 Don't Treat Me Like a Child 」 と 「 You Don’t Know 」 ですね。

日本でのデビューはこの2曲をA・B面としてリリースされました。

オールディーズの曲でよく耳にする出だしの 「 Wow Wow Wow Yeh Yeh Yeh… 」 ですが、

特にヘレン・シャピロ歌うところのこの歌では印象的で、聴く人の心を掴みます。

言葉にできない、もどかしい乙女心を良く表していると思います。

切ない歌詞には泣けてきますね。 今の世の中、こんな女性が果たして未だいるでしょうか。

アメリカでは下位だったようですが、イギリスでのチャートで第1位を獲得しています。

辛い片想いの気持ちを歌ったものですが、15歳の少女が歌っているとは思えないような見事な歌いっぷりです。





60年代・オールディーズ 悲しき片想い




" 弘田三枝子 " による [ 悲しき片想い ] を youtube で聴いてみる …




60年代・オールディーズ 弘田三枝子









[ ヘレン・シャピロ ]     Helen Shapiro



1946年9月28日ロンドン生まれ。13歳の時には早くも英国EMIと契約。

1961年2月、14歳で 「 Don't Treat Me Like a Child ( 子供じゃないの ) 」 でデビュー。 3ヶ月後にはイギリスのチャート3位を記録。

彼女の声は 「 Foghorn 」 と言われ、僅か14歳の少女でしたが大人顔負けの歌唱力を持っていました。

1961年、1962年と2年続けてイギリス最優秀女性シンガーに選ばれました。

1963年2月2日のイギリス公演には、デビューして間もないあのビートルズが彼女の前座を勤めました。

ビートルズよりもヘレン・シャピロの方が売れっ子スターだったのですね!

1962年に 「 Tell Me What He Said 」 が2位、 「 Little Miss Lonely 」 が8位、

1964年の 「 Fever 」 が38位に入りましたが、その後チャートインすることはありませんでした。

やがてビートルズの台頭と共にポップスシーンの様相も変わり、彼女の名も次第に聞かれなくなりました。

しかしその後もミュージカルやジャズ・ゴスペルシンガー・公演などで活躍を続けました。

60年代初頭のイギリスのポップシーンに、クリフ・リチャード 、アルマ・コーガンと共に名をとどめました。

日本では弘田三枝子らのカバーもあったりして人気がありましたね。 1964年には来日をしています。

1984年にはデューク・エリントンの楽曲を歌った 「 Echoes Of The Duke 」 も発表しています。

ブルース系統からジャジーなもの、そしてガールポップありと多彩にこなす実力派です。

彼女は基本的にはジャズ向きの人ではなかったでしょうか。

ジャズ的な声質、迫力のある歌唱、ジャズを歌う時の雰囲気はヘレン・シャピロの本当の魅力を見せてくれます。





60年代・オールディーズ ヘレン・シャピロ
















 [ Don't Treat Me Like a Child ]
 
Well, just because I'm in my teens
And I still go to school
Don't think that I been childish dreams
I'm nobody’s fool
Don't mother me, that makes me wild
And please don't treat me like a child
 
It's often said that youngsters
Should be seen and not be heard
But I want you to realise
That it's quite absurd
Don't wanna be so meek and mild
So please don't treat me like a child
 
  *
Gonna be my own adviser
'Cause my mind's my own
Then I will be much the wiser
My own point of view
Has got to be known
 
The best years of my life, I know
Are those when I am young
And since I'm sure that this is so
Gotta have my fun
So if I feel like running wild
Well, please don't treat me like a child  *
 
*
 
Don't ever treat me like a child
 



  [ 子供じゃないの ]      詞 : 漣 健児
 
私はお茶目なハイティーン
先生は駄目だと言うけれど
お出かけする時はネエー
真っ赤なハイヒール
 
私もそろそろお年頃
おしろい口紅つけたいナ
するとね皆んなが素敵だって言うの
 
たまにはイカした男の子と
腕くみ二人で行きたいわヨ
コーヒー飲みに
 
素敵な人から誘われて
ハートがドキドキしてきたら
それはね恋でしょう
もう何でも分かるの
 
隣のおじさん素敵だけど
今でもガムを買ってくれるからキライ
 
パパやママは何時までも私の事を
子供と思っているけれど
外をネ歩けばホラ皆んが振り向くの
子供じゃないのよ
 



[ You Don't Know ]
 
Wow Wow Wow
Oh Yeh Yeh Yeh
Wow Wow Wow
Oh Yeh Yeh Yeh
 
Although I love you so
Oh you don't know
You don't know just how I feel
For my love I daren't reveal
I am so, I'm so afraid
You might not care
 
Every time you pass me by
Oh you don't know, you don't know
What I go through
Seeing someone else with you
Oh I wish the one with you, were me
But you don't know
 
  *
I would tell you, if I believed
That you might care some day
But until then I'll never give this away
So a secret it must stay
And you don't know, you don't know
How hard to bear
Is this one way love affair
For it breaks my heart to be in love
When you don't know  *
 
*
 
Wow Wow Wow
Oh Yeh Yeh Yeh .....
 



[ 悲しき片想い ]      詞 : 漣 健児
 
Wow wow wow
Wow yeah yeah yeah
Wow wow wow
Wow yeah yeah yeah
 
こんな気持ちが
どんなに寂しいものか
あの人だけに
もっと分かって欲しいの
 
小さな胸が時々痛くなるのも
あの人だけが
きっと治せる筈のものなの
 
  *
誰かが私に話しかけても
少しも嬉しくないの
 
こんな気持ちが
何時まで続くのかしら
誰かあの人だけに
教えてきて欲しいの  *
 
*
 
Wow wow 
Wow yeah yeah yeah
Wow wow wow
Wow yeah yeah yeah…
 





- Viva !   Oldies -



















★ このページのトップへ

★ [ 60年代 オールディーズ ] トップページヘ ★