[ クレイグ・ダグラス ]     Craig Douglas




オールディーズ 60年代 クレイグ・ダグラス




♪  A Change of Heart  ( レッツゴー物語 )  ♪





 




 ♪ A Change of Heart  ( レッツゴー物語 ) ♪   




Craig Douglas [ ♪ A Change of Heart ( レッツゴー物語 ) ♪ ] を "youtube" で聴いてみる …




この「 レッツゴー物語 ( A Change of Heart ) 」 は、ジョージ・チャキリス ( George Chakiris ) 主演の映画、

「 レッツゴー物語 ( 原題名 Two And Two Make Six ) 」 の主題歌ですが、

イギリス本国ではヒットせず、唯一日本だけでヒット。 大変な人気でした。

そして、妙に私の記憶に残っている歌がこの 「レッツゴー物語」 です。

テンポのいい、イントロの女性コーラスのせいなのでしょうか、歌自体に、そう特徴あるとも思えません。

オールディーズファンにとっては前述の通り、映画 「レッツゴー物語」 の主題歌としての記憶しかないと思われますが。

作曲は日本で今でも根強いファンを持っている、バンドリーダーのノリー・パレイマーです。

イギリス三羽烏と言われたクレイグ・ダグラスにとっては、デビュー作 「 Come Softly To Me 」、

続いての 「 Only Sixteen 」 ・ 「 Heart Of A Teenage Girl 」 と共に、彼の代表作の一つと言えるでしょう。

私も又、60年代オールディーズの忘れられない曲のひとつともなっています。





オールディーズ 60年代 レッツゴー物語









[ クレイグ・ダグラス ]     Craig Douglas



 本名 Terence Perkins。

1941年8月13日イギリス・イングランド・ワイト島ニューポートの農家に生まれました。

子供の時から歌が大好き、学校や父の農園の手伝いの最中でもギターを手放さなかったと言います。

1958年16才の時、アマチュアのタレントコンテストで1位となったのがきっかけで、ショービジネスの世界に飛び込みます。

持って生まれた才能と良き師に巡り合い、トントン拍子にテレビ、ラジオ等に出演するようになります。

当時クレイグはカバー曲が多く、ジミー・ロジャースの 「 Are You Really Mine? 」、スティーブ・ローレンスの 「 Pretty Blue Eyes 」、

プラターズの 「 Wish It Were Me 」、ディオンの 「 A Teenager In Love 」 等々。

イギリスではオリジナルよりもヒットするケースが結構ありました。

オリジナル・ヒットとしては 「 The Heart Of A Teenage Girl 」 が全英10位を記録しています。

他には 「 Come Softly To Me 」 ・ 「 Only Sixteen 」 等のヒットがありますが、日本ではあまり知られていません。





オールディーズ 60年代 レッツゴー物語
















   [ A Change of Heart ]
 
Dum me dum dum me doo wah
Dum me dum dum me doo wah
A change of heart can take you unawares
You love so long
Then suddenly you don't care
For all at once from nowhere
Comes a stranger out of space
And deep inside your heart can't hide
True love and you stand face to face
 
  *
A change of heart at seems
Oh so wrong
When friends must part
Old memories linger on
But now at last I've found you
Oh my darling why pretend
A change of heart
A change of heart
Has given you to me
To the journey's end  *
 
* 
To the journey's end
Dum me dum dum me doo wah
Dum me dum dum me doo wah
 





- Viva !  Oldies -



















★ このページのトップへ

★ [ 60年代 オールディーズ ] トップページヘ ★