「太陽がいっぱい」    Plein Soleil           1960  フランス/イタリア


[ 出  演 ] アラン・ドロン      マリー・ラフォレ     モーリス・ロネ
[ 監  督 ] ルネ・クレマン
[ 音  楽 ] ニーノ・ロータ





トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ(モーリス・ロネ)と酔っぱらってナポリに遊びにきた。

近くの漁村モンジベロからだ。 トムは貧乏なアメリカ青年だ。

中学時代の友人・金持のドラ息子フィリップを、

父親から頼まれて、五千ドルの約束で連れ戻しにきたのだ。

フィリップには、パリ生れのマルジェ(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。

ナポリから帰った時、アメリカから契約をやめる手紙が来ていた。

フィリップが約束の手紙を出さなかったからだ。トムが邪魔になっていた。

友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。

裸でボートに放り出され、全身が火傷のように日焼けした。

彼は決意し、まず小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせる。

彼女が船から下りたあと、フィリップに向い、刺し殺した。死体はロープで縛り海へ捨てた。

陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。

ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。金も衣類も使った。

ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出す仕事もうまくいった。

マルジュあてのフィリップの手紙をタイプし、送った。彼女は彼を忘れられずにいた。

ホテルにフィリップの叔母が現れたが、姿をくらますことができ、別の下宿に移った。

そこに、フィリップの友人が訪ねてきて、何かを察したようだった。

トムは平生から憎んでいたその男を殺し、死体を捨てた。それは発見され、刑事が調べにきた。

死体確認に集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。

女刑事が盗み聞いていた。

トムはモンジベロの家にその夜いくと、遺書を書き、

送金を全部ひき出したのをマルジェに残し、自殺したことにした。

警官もマルジュも駈けつけたが、彼は逃げおおせた。

彼は元のトムに戻り、傷心のマルジェをいたわり、愛を告げた。

彼女もついに彼を受け入れ、結婚することになった。遺産も手に入るだろう。

彼が海水浴のあと、極上の酒に酔っていた時、フィリップのヨットが売られるために陸に引きあげられていた。

スクリューにからまったロープの先からフィリップの死体が現われた。



★ トップページヘ ★