「 ラスベガス万才 」      Love in Las Vegas       1963  アメリカ


[ 出 演 ] エルヴィス・プレスリー ( Elvis Presley )アン・マーグレット ( Ann Margret )
[ 監 督 ] ジョージ・シドニー ( George Sidney )
[ 主題歌 ] ♪ ビバ・ラスベガス ( Viva Lasvegas ) ♪エルヴィス・プレスリー ( Elvis Presley )



オールディーズ 「ラスベガス万才」



 ラッキー(エルヴィス・プレスリー)は自動車のレーサー。

自分で設計した競争用の車体はでき上がったが、モーターを買い入れる金を稼ぐため、単身ラスベガスに来た。

 彼はグランプリ・ガレージでイタリアのスピード王マンチーニ伯(チェザーレ・ダノヴァ)と知り合った。

伯はラッキーの腕を知っており、八百長で優勝を譲らないか、と誘ったが、勿論断った。

 ところがラスティ(アン・マーグレット)という美人が現れてから、レースなんかどうでもいいような気になった。それは伯とて同じだった。

ラッキーは彼女を夢中で口説いたが、そのため洋服のままプールにザブン、せっかく稼いだトラの子をなくしてしまった。

 エンジンどころか、ホテル代も払えない。早速彼の泊っていたホテルのボーイに早変り。

だがお陰で恒例の従業員タレント・コンテストに賞金を争う資格を得た。

 同じホテルで客の水泳コーチをして働くラスティもラッキーに好意を抱くようになった。

コンテストの夜、ラッキーとラスティが勝ち残ったが、ラッキーがレースで優勝を獲得した。

 だが賞金は現ナマではなかった。ラスティは彼を危険なレースに出したくなかった。

だが数時間前にエンジンを手に入れた。ラスティの父親が金を貸したのだ。

 言語を絶する荒っぽいレース、ラッキーは危険を冒してついに優勝、ラスティをもその胸に抱いた。      (by goo映画)




★ トップページヘ ★