「勝手にしやがれ」     A BOUT DE SOUFFLE      1959   フランス

[ 出  演 ]ジャン=ポール・ベルモンド ジーン・セバーグダニエル・ブーランジェ
[ 監  督 ]ジャン=リュック・ゴダール



ジャン=ポール・ベルモンド & ジーン・セバーグ



 ミシェル(ジャン・ポール・ベルモンド)は自動車泥棒の常習犯。

今日もマルセイユでかっぱらった車を飛ばしパリに向った。

ところが途中で追いかけられた白バイの警官を射殺してしまう。

 パリに戻ったミシェルは、顔見知りの女から金を盗んで街に出た。

旅行案内所のアントニオの所へ約束の金を取りに行く。

が、渡されたのは小切手、現金はベリユッティという男が代えてくれるという。

 刑事が彼を尾行しはじめた。うまくまいた彼はパトリシア(ジーン・セバーグ)の許へ。

彼女はヘラルド・トリビューンの新聞売子でアメリカ娘の留学生。

二人は南仏の海岸で知合い、他人同士ではなくなった。

 パトリシアは彼の誘いを断って、街にデートに出かける。

ふてくされた彼は彼女のアパートに泊り込む。

翌朝、パトリシアはミシェルと部屋でしばしの時を過す……。

彼女は飛行場へインタビューに、彼は街で盗んだ車をポンコツ屋に持って行く。

素性がばれて、ミシェルはそこの親爺をなぐって逃げ出した。

 社に戻ったパトリシアのところへ刑事が来て、彼の居所を知らせろといった。

尾行をまいたパトリシアは、ミシェルと二人でモンマルトルへ。

ようやく酒場でベリユッテイをみつける。金は明日出来るという。

 その晩、二人はベリユッティの友達のところに泊った。

ミシェルは金が出来たら外国に行こうという。彼女はうなずく。

しかし、翌朝彼女の気持は変った。彼女の一番欲しいものは自由。

新聞を買いにいったついでに、パトリシアは警察に密告した。

 旅仕度をしているミシェルに「あと十分で警察が来るわよ」という。

が、彼の心にはむなしい自嘲と絶望がひろがっただけ。

 金を持って来たベリユッティは彼に逃亡をすすめる。ミシェルは“疲れた"という。

背後から射たれたミシェルはよろめきながら道路を歩く。

馳けつけたパトリシアに、倒れた彼は、“お前は最低だ"とつぶやいた。  (by 「goo映画」)



 ジャン=ポール・ベルモンドの名を世界に知らしめ、

ジーン・セバーグをヌーベル・ヴァーグのミューズに仕立て上げた映画。

 手持ちカメラを使ったシャンゼリゼ通りでの撮影、アパートの一室での即興演出など、

その画期的な手法は、映画史の流れを変えたとさえ言われる。

 煙草をくわえながらシャンゼリゼを闊歩するベルモンドと、

美しい瞳とベリーショートの髪が魅力的なジーン・セバーグ。



 言わずとしれたフランスのヌーベルバーグの口火を切った作品。

それまでの映画の主人公像とは全く違うこのジャンポール・ベルモンドのチンピラ振り! 

 そして破天荒な行動の末に呆気なく死んで終りと言う結末は、

当時観た人たちにはかなりの衝撃だったのでしょう。

 その後このパターンはアメリカ映画に飛び火し、

アメリカンニューシネマと名打った、数えきれないくらいの傑作映画を生む! 

ちょっと上げただけでも

「明日に向って撃て」 「俺達に明日はない」 「イージー・ライダー」

「真夜中のカウボーイ」 「バニシング・ポイント」・・・

「勝手にしやがれ」は紛れもなく、映画の歴史年表には欠かせない作品ですね。



★ トップページヘ ★