[ イージー・ライダー ]     Easy Rider      1969  アメリカ

[ 出  演 ]ピーター・フォンダ ( Peter Fonda ) デニス・ホッパー ( Dennis Hopper )
アントニオ・メンドーサ ( Antonio Mendoza )ジャック・ニコルソン ( Jack Nicholson )
カレン・ブラック ( Karen Black )ルーク・アスキュー ( Luke Askew )
    
[ 監  督 ]デニス・ホッパー ( Dennis Hopper )



[ イージーライダー ] ピーター・フォンダ




 アメリカの魂、良心を求めた男たちの生き様を、鮮烈に描いたアメリカン・ニュー・シネマの代表作。

メキシコからのマリファナ密輸で大金を手にしたキャプテン・アメリカ ( ピーター・フォンダ ) と、ビリー ( デニス・ホッパー ) は、

チョッパーの大型バイクに乗ってロサンゼルスを出発、当てのない旅に出る。

2人は自由の国アメリカの幻影を求めて、気ままにオートバイを走らせた。

行く先々で待ち受けているのは、セックス、ドラッグ&ロックンロール・・・。

途中一人のヒッピー、ジーザス ( アントニオ・メンドザ ) を同乗させた二人は、彼の案内でヒッピー部落に入っていった。

しかし住人たちは、行動で自由を表現する2人を拒絶するのだった。

彼らの長髪にヒッピースタイルという姿を、全ての人々が認めているわけではなかった。

行く先々のモーテルで宿泊を断られ、野宿を強いられる日々。

ラスベガスでは「無許可のデモを行っている。」と警察に留置されてしまう。

そこに居合わせた酔っ払いの弁護士、ジョージ・ハンセン ( ジャック・ニコルソン ) に助けられ、

3人はニューオリンズを目指して旅を続けた。

ハンセンは 「自由を説くことと自由であることは違う。

誰もが自由を語るが、自由な人間を見ることが怖いんだ。」 と語る。

しかし、彼らの存在を快く思わない保守的な連中に寝込みを襲われ、

キャプテン・アメリカとピリーはかろうじて逃げのびたが、ジョージは殴り殺されてしまった。

ジョージを失った2人はアメリカの保守性を呪訴し、自由がカケラも見当たらないことを悲しんだ。

やがてオートバイで州境にさしかかった彼らに、2人の農夫が乗った1台のトラックが近づいて来た。

一人の農夫が発した突然の銃弾に、オートバイごと転倒するビリー。

後を追ったキャプテン・アメリカも、続いて発射された弾丸にオートバイと共に吹っ飛んでしまった。

自由の国アメリカの真の姿を求めた彼らへの、これがファナティックな現実の返答だった。


[ イージーライダー ] ピーター・フォンダ


 1969年に公開されるや否や、

「イージー・ライダー」 は全米中の若者たちに熱狂的に迎え入れられた。

誰もが 「イージー・ライダー」 に憧れた。

誰もがあのように自由気ままに生きたいと望んだ。

そして 「イージー・ライダー」 はヒッピー世代の象徴となり、

製作・主演の 「 ピーター・フォンダ 」 はヒッピー世代の顔となった。


[ イージーライダー ] ピーター・フォンダ



★ トップページヘ ★